製品案内 Product
HOME > 製品案内 > 減損会計サブシステム

会社情報

浦乐熙普信息科技(上海)有限公司
≪Pro-Ship Shanghai≫
〒200040
上海市靜安區南京西路
1728號9樓923室
Tel:021-2226-3223
E-mail: pssinfo@proship.co.jp

日本本社
株式会社プロシップ≪Pro-Ship inc.≫
〒112-0004
東京都文京区後楽二丁目3番21号
住友不動産飯田橋ビル
Tel:03-5805-6121
Fax:03-5805-6127
http://www.proship.co.jp/

減損会計サブシステム

減損会計業務の効率化とスピード化を実現!

減損会計サブシステムでProPlusが選ばれる理由

1減損測定プロセスの標準化

減損額の測定プロセスを支援する機能が体系化され、適切な業務確立を強力に支援。


2業務効率化

一括でのグルーピング、資産毎の減損額自動配分、耐用年数のー括見直しなどの機能により業務効率とスピードアップを実現。

3シームレスなデータ連携

ProPlusシリーズはもとよリ.他社製品の固定資産システムとのデー夕連携も実現可能。

特徴

グルーピング機能

グルービング方法は、各資産情報が保持する組織コードや復数のセグメント情報を組み合わせて抽出することにより、複数資産に一括してグループコードを付与することが可能です。

連結べースでの減損額算出機能

1社単独での減損処理はもちろん、連結対象の複数会社の資産も含めたグルービングの見直しと減損額の測定を行うことができます。

減損額の配分機能

グルーブ単位で生成された減損額を資産毎に自動配分する機能を備えています。回収可能価額と帳簿価額との差額による配分、資産毎の帳簿価額を基準とした配分のいずれかがが選択可能です。また、資産1件ずつへの個別配分も可能です。

減損額のシミュレーション機能

グルービングバ夕ーン、グルービングと割引率の組み台わせ、共用資産を含めたより大きなグルーブ単位での再計算など、多様な減損額のシミュレーションを効率的に行なうことが可能です。

柔軟なシステム間連携

減損額の算出を行うための一通の資産データ通携について、ProPlusの各モジュールとは加工を必要としないシームレスなデータ連携が可能です。また、他社製品の固定資産システムとの連携もCSVを介した連携が実現可能です。

導入実績

主な機能はこちら

楽天銀行株式会社

グループ全体でのIFRS対応を契機に会計システム刷新を決定

詳細を見る

主な機能はこちら

日本板硝子株式会社

IFRSの早期適用にあたり、固定資産管理のIFRS対応も検討

詳細を見る

導入実績多数!! 中国対応版日本導入実績3600社!!

導入実績多数!! 中国対応版日本導入実績3600社!! 導入実績多数!! 中国対応版日本導入実績3600社!! 導入実績多数!! 中国対応版日本導入実績3600社!! 導入実績多数!! 中国対応版日本導入実績3600社!! 導入実績多数!! 中国対応版日本導入実績3600社!! 導入実績多数!! 中国対応版日本導入実績3600社!! 導入実績多数!! 中国対応版日本導入実績3600社!! 導入実績多数!! 中国対応版日本導入実績3600社!! 導入実績多数!! 中国対応版日本導入実績3600社!!

グローバル対応固定資産管理システム『ProPlus』への問い合せはこちら お問い合わせ電話番号/平日9:00〜18:00 携帯電話/186-2158-7397(担当:田中) 021-6010-0515